Brian Tracy shares his cancer experience

Brian Tracy shares his cancer experience

Brian Tracy shares his cancer experience – it is a must to listen to!
この動画では、ブライアンさんがご自身の食道がんの体験を語っています。この動画には奥さんのバーバラさんも登場します。

MEMO

◆ブライアンは医者から食道がんを告げられたとき、彼が教えている「最悪のケースを考える」メソッドを実践したそうです。

◆楽観的であること。ポジティブであることが大事なようです。

◆医者から食道がんと告げられたとき、「なぜ、私に…」とか「私はなんて不幸なんだろう…」といった考え方は一切しなかったそうです。

◆がんは精神的なことからできる…

◆ブライアンの食道がんは、2度の化学療法を行ったことにより100%なくなったそうです。通常は化学療法で50%くらい小さくなるのですが、ブライアンの場合なんと100%がんがなくなったそうです。これはブライアンがポジティブな状態を維持したからではないでしょうか。つまり、人間が持っている「自然治癒力」が有効に働いたのではないでしょうか。

◆ブライアンの場合、食道がんが100%消えても、再発を防ぐためにさらに6週間の放射能治療を行ったそうです。

◆がんになったときは、同じがんになって完治した人たちのサポートを受けたことが非常に役立ったそうです。医者からがんだと告げられたら、まずサポートグループを見つけるのが先決だそうです。

◆楽観的な考え(ポジティブ)を持つことはがんを治療するうえで非常に大事である。それから、自分の感情をコントロールすることが非常に大事なようです。できれば、専門のカウンセラーの指導を受けるのがよいかも知れません。

◆ビジネスにおいて「なぜ成功する人とそうでない人のいるのか? この違いはどこにあるのか?」これを追求したのがブライアンである。がんを含む病気においても同じことが言える。「がんになっても、完全に治る人と、治らないで死ぬ人の違いはどこにあるのか? この違いは何なのか?」これを追求することがとても大事である。

The difference between those who survive cancer and not survive cancer is mental attitude.

がんが治る人と治らない人の違いは、その人の「考え方」にある。 ブライアンが教えているように、ゴールを設定してそのゴールを達成するために行動している人が成功する。がんの治療にも、同じような考え方が応用できるようです。

◆もし、あなたが医者から「がん」だと言われたらどうしたらよいか? ブライアンはこの質問に次のように答えています。

・まずは、近代医学を信じる(これは米国に住んでいることが前提)
・そして、楽観的になること、ポジティブな状態を維持すること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする