Jim Rohn Take Charge of Your Life

Jim Rohn Take Charge of Your Life – Jim Rohn s Last Interview A Great Educator

この動画ではジム・ローンが25歳のときに出会ったメンターから教えられたことを語っている。

「ゴール設定」は、あなたが生きている間中役に立つライフスキルである。

ジムのはじめての有料セミナーには、友人ら45人くらいが参加した。これを契機に、ジムは世界的に有名なセミナー講師となった。

8歳くらいから、自分でお金を稼ぐことを学ぶ必要がある。たとえば、近所の家から使わなくなった自転車、バイクなどをただ同然で買って、それを修理して奇麗にしてから高く売る。

そして、お金を稼ぐことを学んだら、お金を管理することを学ぶ必要がある。これは、ジムがセミナーでいつも語っていることだが、子どもが1ドル手に入れたら、70セント以上は使わないようにする。残りの10セントは寄付、10セントはアクティブ資金(Active Capital)、そして最後の10セントはパッシブ資金(Passive Capital)とする。これを「70-10-10-10のルールと呼ぶ」。そして、パッシブ資金は複利で運用する。この「複利」を学習することが非常に大事になる。

他の動画でジムは、この「70-10-10-10のルール」を15歳ごろから実践すれば、20年後の35歳にはミリオネアになれると語っている。

テレビは400ドルもあれば買うことができる。でも、テレビのコストが400ドルだと勘違いしてはいけない。なぜか? その400ドルには、テレビを見るというコストが含まれていない。

ちなみに、平均的なアメリカ人は1日に7-8時間もテレビを観ていると言われている。これをテレビのコストに含めたらどれくらいになるか。なんと、1年間で40,000ドルのコストになる。

しかも、この40,000ドルにはテレビを買うためのコスト400ドルは含まれていない。これって高すぎる。もし、あなたがテレビを買おうと思ったから、テレビの本当のコストである40,400ドルを思い出して欲しい。

どんな本がよいか聞かれたときジムは「The 66 Books of the Bible」をよいと語っていた。あと「Two Nice People」もオススメのようである。ジムによると「岩」で作った家と「砂」で作った家の物語のようである。嵐がきたらこの2つの家はどんな結果になるか? 想像できるよね…

数日前に起きたジムの体験について…ジムが道路を歩いていると、ある男が新聞の自動販売機に25セント入れて新聞を取り出していた。そして、その男は自動販売機の扉を開けた状態でジムに新聞を取っていいよ(もちろん無料)と告げた。でも、ジムは「ありがとう」と言って断った。なぜか? たった25セントのために1日中罪悪感を感じたくなかったから。

オススメする他の本としては「思考は現実化する」「バビロンの大富豪」「how to read a book by mortimer adler PDF」がある。この本はPDFが公開されている。それから、この本(how to read…)には「GREAT BOOKS OF THE WESTERN WORLD」も掲載されている。時間があったら、PDFのリンクをクリックして確認して欲しい。「The Magic of Thinking Big by David Schwartz.pdf」「As A Man Thinketh by James Allen」も読んでみる価値がありそうだ。

MEMO

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする