会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります by 中山 裕木子

中山 裕木子

株式会社ユー・イングリッシュ代表取締役。
公益社団法人日本工業英語協会専任講師。
1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。

2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。
2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。
2004年、フリーランス特許翻訳者になる。
同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める…

知的でわかりやすい
「やさしい英語」をマスター!

「3語」の組み立てパターンを徹底解説!

内容が複雑であればあるほど、
それに見合った複雑な英文を
組み立てるのではなく、
その逆である…

日本人の英語は「長くて難しい」
「3語」でしっかり伝わります!

コツはたった1つ。

主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。

SVO(誰かが、何かを、する)
を極めることが、
すべての基本。

「3語」の組み立てパターンも徹底解説!

「4つの主語」×「基本動詞・応用動詞」で完璧!

これであなたの英語が変わります!

× It is impossible for me to take this job. →文が長く、冗長
〇 I can’t take this job.

× There is a problem. →他人事のような印象を与える
〇 We have a problem.

× I found his plan attractive. →構文が複雑で、文法的に誤りやすい
〇 I like his plan.

× He makes use of information on the Internet.→イディオムのせいで、文が長い
〇 He uses information on the Internet.

× English can be used by anyone. →受動態は語数が多く、弱い印象を与える
〇 Anyone can use English.

目次

第1章:「日本人の英語」が伝わらない理由
英語を組み立てるとき、日本人が陥りがちな問題について説明します。

第2章:「3語の英語」は動詞が決め手
動詞の使い方をほんの少し変えるだけで、一気に伝わる英語になります。

第3章:これでOK! 「3語の英語」の組み立てパターン
「4つの主語」「基本動詞・応用動詞」をもとに、3語の英語の組み立てパターンを徹底解説! 9割の英語は、5つのパターンで伝えられます。

第4章:「3語の英語」に情報を足していく
微妙なニュアンスの調整、あるいは、より多くの情報を伝えるための方法論を紹介します。時制、助動詞、副詞etc

第5章:実践! 「3語で伝える」ために、ここはバッサリ捨てましょう!
「学校英語」を捨て去り、「3語の英語」をマスターするための実践トレーニングを行います。

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

Amazonに移動する…

MEMO

◆主語は「4つ」から選ぶ!

英語では、主語を必ず文のはじめにおく。
そして主語に続けて動詞をおく。
日本語のように主語を省略しない。

主語より前に何もおかないのがおすすめ。

This morning, I had no breakfast.

I had no breakfast this morning.

To improve my communication skill, I study English grammar.

I study English grammar to improve my communication skill.

1)主語が人

I speak English.

We love English.

▶Do you like English?

He/She studies English.

2)主語がモノ

The book contains useful information.

Our sales strategies need improvement.
「人」を主語にすると… We need improvement in our sales strategies.

The store attracts more than 10,000 customers every day.
「人」を主語にすると… More than 10,000 customers come to the store every day.

This hot summer causes people to stay indoors.
「人」を主語にすると…In this hot summer, people stay indoors.

My job brought me to Tokyo.
「人」を主語にすると… I came to Tokyo for my job.

3)主語が動詞(動名詞)

Communicating with many people will increase our knowledge.
「人」を主語にすると… We can increase our knowledge by communicating with many people.

Improving the work conditions will attract more job applicants.
「人」を主語にすると… If you improve the work conditions, your company will attract more job applicants.

4)主語が「This」

This interests me.

That interests me.

This idea interests me.

This summarizes my points.
「人」を主語にすると… In this way, I summarized my points.

This answers your question.
「人」を主語にすると… I gave an answer to your question.

人の主語に加えて、モノや動作、「This」も主語に使うと「3語の英語」の幅が広がる。

◆whenやifを使う文を3語で表現するには?

▶メイン節を前に出す

If you have questions, you can ask now.

You can ask questions now.

この文がなぜ「質問があったら」の意味になるのか?

冠詞「the」は、「すでにそこにあるもの」
「コミュニケーションの双方にとってわかっているもの」を指す。

したがって、冠詞「the」を使わずに「questions」を表していることにより、
「そこにないもの」、つまり「もしあったら」という
ifのニュアンスが出てくる。

もし、ifのニュアンスをもっと出したいときは、
後ろに「if節」をつけてもよい。

You can ask questions now if you have any.

▶動作を主語にする

When you watch TV, I get irritated.

Your watching TV irritates me.

When you touch the door handles, the door will be unlocked.

Touching the door handle will unlock the door.

主語・動詞のセットが2回出てくる「when」や「if」による
複文を極力避け、「3語」を使ってシンプルに表現する。

whenやifを使った文の「メイン節(言いたいこと)」を後から
前に移動すると、「3語」への変換方法がわかる。

また、「動作を主語にする」ことで、「~が~を引き起こす」
のSVOで表現することも可能。

◆Principles of Technical Communication

▶Use the active voice.
▶Use plain rather than elegant or complex language.
▶Delete words, sentences, and phrases that do not add to your meaning.
▶Use specific and concrete terms rather than vague generalities.
▶Use terms your reader can picture.
▶Use the past tense to describe your experimental work and results.
▶In most other writing, use the present tense.

▶能動態を使おう
▶上品な言葉や複雑な言葉よりも、平易な言葉を使おう
▶意味を持たない単語や文、句を削除しよう
▶あいまいな広い意味よりも明確で具体的な言葉を使おう
▶読み手が「頭に描ける」言葉を使おう
▶実験(経験)と結果について記載するときは過去形を使おう
▶それ以外のほとんどは、現在形を使おう

◆難解な英単語を捨てる!

▶adopt, employの代わりにuseを使う

That company adopts our office supplies.
That company employs our office supplies.
その会社は弊社の事務用品を採用している

That company uses our office supplies.
万能動詞のuseを使うことができる。

▶suppressの代わりにreduce, cut, use lessを使う

Every family member must suppress electricity consumption.
家族全員が、電力消費を抑制しなければならない

Every family member must reduce electricity consumption.
Every family member must cut electricity consumption.
Every family member must use less electricity.
suppressをreduceやcutに変える。発想を変えて「use less electricity」と表現することも可能。

▶utilizeの代わりにuseを使う

We utilize solar energy in this housing.
This housing utilizes solar energy.
この住宅では、太陽光エネルギーが活用されている

We use solar energy in this housing.
This housing uses solar energy.
万能動詞のuseを使う。useは「人」が主語でも、「モノ」が主語でも、どちらでも使える。

▶elucidatedの代わりにfound, uncovered, clarified, determined, identifiedを使う

The police elucidated the cause of the accident.
警察が事故の原因を解明した

The police found the cause of the accident.
The police uncovered the cause of the accident.
The police clarified the cause of the accident.
The police determined the cause of the accident.
The police identified the cause of the accident.
「決める」を表すdecide, determineのうち、decidedが「主観により決断する」という意味でしか使えないが、determineは主観を介さずに「決定する」「特定する」「解明する」といった場合にも広く使える。

◆難しい時制を捨てる

英語の時制には「現在形」「現在進行形」「未来」
「未来進行形」「現在完了」「過去完了形」
「未来完了形」「過去完了形」「現在完了進行形」
「未来完了進行形」…とたくさんある。

でもこれら複雑な時制は、
現在形、過去形、現在完了形そして未来の表現(will)
だけを使って、コミュニケーションを円滑に進める
ことができる。

▶現在進行形を現在形に変える

Our company is developing cosmetics.
現在形に… Our company develops cosmetics.

今この瞬間だけを表す現在進行形ではなく、
現在形を使うことで定常的な事実を表すことができる。

▶未来進行形は使わなくてもよい

I‘ll be doing my homework at 2 p.m. today.
単純未来に… I‘ll do my homework at 2 p.m. today.

未来進行形から単純未来への変更で、
ニュアンスが多少変わるが、特に問題はない。

▶現在完了進行形は使わなくてもよい

Communicating in English has been increasing its importance.
現在完了形へ… Communicating in English has increased its importance.
現在形へ… Communicating in English is more important now.

現在完了形でも、現在形でも表現することができる。
時制を単純化する。

▶過去形が2回出てくる「過去完了形」を単純過去に変える

When I entered university, he had already graduated.
beforeを使う… He graduated from university before I entered.
afterを使う… I entered university after he graduated.

過去が2回出てくる場合であっても、
過去完了形を使わずに表現することができる。
視点を「今」と「今から見た過去」という単純な形に決める。

まとめると、
難解と感じる時制は捨てる。
現在形、過去形、現在完了形、そして未来のwillがあれば、
時制は大丈夫。

今のことや普遍的な事実には「現在形」、
今と切り離された過去には「過去形」、
今へとつながる過去には「現在完了形」を使う。
未来への意思を表すときは助動詞「will」を使う。

◆長文にも使える

たった「3語」では、伝える内容が物足りないと
思うかもしれない。

だが、「3語の英語」が使えるようになると、
詳しい情報をつけたしていくことが可能になる。

▶「3語の英語」+追加の情報

I teach English to university students.

I edit books for business people.

「I teach English」や「I edit books」のように、
まず「3語」で文章の骨組みを伝えることで、
その後は落ち着いて、必要な情報をつけ足していく
ことが可能だ。

◆苦手な冠詞を使わない英文とは

冠詞とは、名詞の前におかれる
不定冠詞の「a/an」や定冠詞の「the」のこと。

▶日本人にありがちが英語:
My job is an English teacher.
I am an editor of books.

日本人にありがちな英文は
名詞(English, teacher, editor)を多く使って
いるため、冠詞(an English, an editor)が必要だ。

▶3語の英語:
I teach English.
I edit books.

ところが、「3語の英語」では、名詞の使用が最小限になる。

なので「冠詞」の使用も最小限になり、
煩わしさから解放される。

その結果、誰でも簡単に、そして正しく文章を
組み立てることが可能になる。

◆「3語の英語」はどんな難しい英語にも効く!

複雑に見える内容であっても
「3語(主語・動詞・目的語)」を
並べることで、短く明快に伝えることができる。

たとえば、
「喫煙すると、火災報知器が作動します」
という日本語を英訳するとほとんどの人は

If you smoke, the fire alarm will become active.

といった英文にする。

これを3語に書き換えると…

Smoking will activate the fire alarm.

となる。

Smoking(喫煙すること)を表す動名詞を主語に使って、
active(作動している)という形容詞ではなく、
activate(~を作動させる)という動詞を使う。

このように技術的な文章まで、
「3語の英語」はあらゆる内容を
カバーすることができる。

◆内容が複雑であればあるほど、
それに見合った複雑な英文を組み立てるのではなく、
その逆を目指すべきである。

どんな複雑な文も、
いわゆる5つの文型(SV, SVC, SVO, SVOO, SVOC)のうち、
最も力強く、最も簡単なSVO(誰かが何かをする)を
使って表現するテクニックを習得すべきである。

まずは、「日本人にありがちが英語の会話」を見て欲しい。

A: What is your job?

B: My job is an English teacher. What about yours?

A: I am an editor of books.

B: Are you?

「~です」を表す、「be動詞」が頻繁に登場する。

日本人は、「be動詞」を学校でしっかり習いすぎるためか、
すぐbe動詞を使うクセがついている。

では、同じ会話を「3語の英語」で行うと…

A: What do you do?

B: I teach English. What about you?

A: I edit books.

B: Great.

この会話では、動作を表すダイナミックな動詞
(do, teach, edit)を使っている。

使用単語数は、AさんとBさんを合わせて14ワードに減り、
明快に会話が進んでいる。

このようにテンポよく会話が進めば、
最後の「相づち」もGreat(いいですね)のように
ポジティブに締めくくることがきでる。

動画

Simple English for Everyone | Yukiko Nakayama | TEDxKyotoUniversity

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする